お葬式の種類と基礎知識

お葬式には色々な種類がある

お葬式には色々な種類がある 近年では、お葬式にまつわるニーズが多様化しています。葬儀会社では多様なニーズに対応するために、様々な形のお葬式を取り扱っています。お葬式は、きちんと故人とのお別れをして、見送ってあげるための大切な儀式です。心から満足できる故人とのお別れをするために、どのようなお葬式の形を求めるのか、この機会に考えてみましょう。

遺族や親族のほか、故人と縁のある人たちが参列するお葬式には、一般葬と社葬や合同葬があります。一般葬は、遺族の他に親族や故人の友人、知人、職場関係者などが会葬する従来型のお葬式です。葬儀会社では、会葬予定者の人数が300名以下程度のお葬式を一般葬と呼びます。故人と関係のある人々を一堂に集めて行う一般葬は、絆や縁を重視する日本では、昔から広く執り行われてきたお葬式の形です。

社葬とは会社が執り行うもので、合同葬とは故人の喪家と法人のお葬式を一度に合同で執り行うことをいいます。いずれも一般葬よりも大規模なものとなり、会葬者も大人数になります。社葬を行う意味は、会社に大きな貢献をした故人を会社全体で弔うことで、故人への弔意と敬意を示すことはもちろん、それにより社員の士気を高めるという意味もあります。また、故人が会社の経営者であった場合、故人に代わる後継者を広く認知させることで、会社のステータスを保つこともできます。

遺族や親族だけで執り行うお葬式には、家族葬や密葬があります。家族葬は、本来遺族のみで行うものを指しますが、親戚や故人と親しい人を交えた、会葬者が20人から30人程度の少人数、小規模の場合も含まれます。会葬者を少人数に絞ることで、喪主や遺族の精神的負担が軽くなるほか、かかる費用の一部も削減できることなどから、近年人気を集めている形が家族葬です。

密葬は、遺族と親族、そして故人とごく親しい人のみが集い、周囲に広く告知をすることなく内々に執り行われるお葬式です。後日改めて社葬や合同葬などを本葬として行うことを前提として、その前の私的な儀式として密葬を行うケースは多いですが、本葬をせずに密葬だけを行うこともあります。本葬なしの密葬は、遺族や親族と親しい人のみが集まることから、家族葬と同じ意味合いになります。

そのほか、簡略的に行うものとして、通常では2日かかるお通夜とお葬式を1日で行う一日葬、お葬式を行わず火葬だけを行う直葬があります。故人の個性を反映したお葬式として人気のある音楽葬や自由葬、故人と関わりのあった多くの人にお別れを告げてもらうお別れ会や偲ぶ会、故人の信じる宗教儀礼にのっとったお葬式など、実に多種多様なものになっています。

お知らせ