お葬式の所要時間

お葬式の所要時間はどのくらいでしょうか。大まかなタイムスケジュールをあらかじめ把握しておけば、お葬式の段取りをスムーズに行うことができます。

一般葬の場合、多くの場合は10時から15時程度までの5、6時間で全ての日程が終了します。喪主と遺族が斎場に集合し、葬儀会社の担当者との最終確認や、受付の準備をし始めるのが朝10時とすると、受付が終了してお葬式が始まるのがおおよそ11時で、読経、弔辞・弔電の奉読や焼香というスケジュールが40分程度で終わり、閉式、出棺となります。

火葬場に正午頃に到着すると、納めの式をして火葬が終わるまで1時間程度火葬場の控え室で待機します。骨上げを始めるのが13時過ぎ、火葬場から斎場や自宅に戻って還骨法要を30分程度行います。14時半ごろから精進落としの会食を行い、15時頃に全日程が終了となります。

上記にご紹介したのは一般葬のタイムスケジュールですので、それ以外のお葬式を選択した場合、所要時間は異なってきます。例えば、密葬をした後にお別れ会や社葬を行う場合には所要時間は大きく異なりますので、そのような場合には葬儀会社にタイムスケジュールをよく確認しましょう。

通常、初七日法要を亡くなってから7日後に行いますが、参列者の都合を合わせるのが難しい場合、合理的な方法としてお葬式当日に初七日を行うケースも増えています。お葬式当日に行う初七日法要には、繰り上げ初七日と繰り込み初七日があります。繰り上げ法要は火葬の後に行い、繰り込み法要は火葬の前に行います。このように初七日法要をお葬式当日に行う場合も、タイムスケジュールは変わってきますので注意が必要です。

また、初七日法要だけではなく、通常では亡くなってから49日後に行う四十九日法要も、お葬式当日に済ませることもあります。特に北海道では、開拓地であるため参列者の都合を合わせることが難しかった時代の名残で、昔から繰り上げ法要を行うことが一般的であり、四十九日法要までお葬式当日に済ませるケースは多いようです。