知っておきたいお葬式の流れ

一般的なお葬式の流れはどのようなものでしょうか。亡くなってからお葬式までの一般葬の基本的な流れを紹介します。

まず、病院で亡くなった場合、看護師や病院が提携している業者に死後の処置をしてもらい、医師に死亡診断書を作成してもらいます。自宅で亡くなった場合は、主治医がいるなら直ちに連絡をして自宅に来てもらいます。特に不審な点がないと判断されれば、主治医に死亡診断書を作成してもらいます。療養中の病気以外で亡くなった場合、犯罪の疑いがないかどうか確認するため、警察による検視が必要です。その結果に基づいて、死体検案書が発行されます。死体検案書も死亡診断書と同様の用紙です。遺族は葬儀会社に連絡を取り、亡くなった場所を伝えます。

亡くなってから24時間以内は、法令により火葬することができませんので、寝台車で自宅や葬儀会社の安置施設へ遺体を搬送し、次の日まで安置しておきます。次に、喪主や世話役などの役割を決めて葬儀会社とお葬式の打ち合わせをしていきます。このとき、死亡診断書や死体検案書を葬儀会社に渡し、死亡届や火葬許可証などの手続きを依頼します。

亡くなった次の日に、納棺とお通夜を執り行います。納棺は、死装束を着せた遺体を棺におさめ、故人が生前に愛用していた物も一緒に棺に入れた後、棺のふたを閉めます。お通夜は、通常夕方から夜の数時間で行います。僧侶による読経の間、喪主、遺族、一般参列者の順に焼香をします。お通夜の後に、つやぶるまいと呼ばれる会食を設けることもあります。

お通夜の次の日の午前中に、いよいよお葬式を行います。お葬式では僧侶による読経、弔辞・弔電の紹介、お通夜のときと同様に焼香をします。お葬式が終われば、遺族が故人の棺の中を生花で飾り、棺のふたを釘で打った後に寝台車に乗せ、正午頃に火葬場へ出棺となります。

火葬場に到着し、火葬炉の前で納めの式と呼ばれる最後の別れの儀式を行った後、火葬をします。火葬が終わると、骨上げという遺骨を骨壺に納める儀式の後に、骨壷と、納骨の際に必要となる埋葬許可証を受け取ります。その後、自宅か斎場に戻り、還骨法要を行います。最後に精進落としと呼ばれる、僧侶やお世話になった人たちを招いての会食をして、お葬式の全てのスケジュールは終了です。